村岡マヨやきそばヒストリー


村岡マヨやきそばは、2010年11月20日に誕生しました。

藤沢市民会館周辺で開催された「第1回湘南藤沢グル麺コンテスト」13地区部門において、
「村岡マヨ八木(やき)そば」がグランプリを見事、受賞したのがはじまりです。

村岡公民館で活動している料理サークル、「チャオ村岡」と「ピアット村岡」が
村岡地域経営会議のバックアップのもと「チャオ&ピアット村岡」としてつくりだしました。

村岡マヨやきそばの母は、地域の料理サークルなのです。

このグランプリ受賞をきっかけに、
地域活性化のため地域に還元できる方法がないか考えを巡らせていました。

そのようななか、「村岡マヨやきそばは何処で食べられるのか」という問い合わせを
多くいただきました。

そして、村岡地域経営会議主催で、
“ご当地グルメによる町おこし”として地域の既存店舗に取扱を呼びかけ、
5つの共通ルールに基づいた調理法により、
各店舗のオリジナリティを生かした村岡マヨやきそばを販売するようになりました。



村岡マヨやきそば


ページのトップへ戻る